【人財募集】地域活性のおシゴト:下北沢or東北etcで働いてみませんか? >>CLICK
11/17(金)〜12/17(日)は東京の下北沢で、下北沢SAKEフェア2017が開催されます。
路上で楽しむ路上の巻、そこでお気に入りのSAKEを見つけて、その後、下北沢の飲食店でもおいしい料理と一緒においしいSAKEを楽しむことができる飲食店の巻も開催。

さらに11/18,19は三陸海産物の食ブースなどが揃う気仙フェア2017秋も開催 されます。
美味しい食と東北沿岸地のSAKE(酒)を下北沢でお楽しみください。

 
  モバイルはこちら

下北沢 SAKEフェア2017

 

11/17(金)〜12/17(日)に東京・下北沢でSAKEフェアが開催されます。
 
 
 
 

下北沢 SAKEフェア2017

 

11/17(金)〜12/17(日)に東京・下北沢でSAKEフェアが開催されます。
 
 
 
11/17(金)〜12/17(日)は東京の下北沢で、下北沢SAKEフェア2017が開催されます。
路上で楽しむ路上の巻、そこでお気に入りのSAKEを見つけて、その後、下北沢の飲食店でもおいしい料理と一緒においしいSAKEを楽しむことができる飲食店の巻も開催。

さらに11/18,19は三陸海産物の食ブースなどが揃う気仙フェア2017秋も開催 されます。
美味しい食と東北沿岸地のSAKE(酒)を下北沢でお楽しみください。

 

名 称

下北沢SAKEフェア2017

日 時

2017年1117日(金)〜1217日(日)

内 容

-1.路上の巻 

-2.気仙フェア2017

-3.飲食店の巻

路上の巻 - 

 

期間中、下北沢でも人気の飲食店で、イベントで飲んだ SAKEを極上の料理と一緒に味わうことができます。チケットを購入して、気になるSAKEを飲み比べするもよし、たっぷり飲むもよし、東北のお酒をお楽しみください。
 11/18,19の路上イベントにしか登場しない希少なSAKEは必飲!!
 

 

名 称

下北沢SAKEフェア2017 - 路上の巻-

日 時

2017年11月18日(土)〜11月19日(日)

場 所

下北沢北口しもきたスクエア

その他

本イベントは全てチケットによるやりとりを行うことから、受付でチケットを購入いただきます。(各ブースでの現金購入はできません。持帰り商品除く)

流れ

 

前売りチケットセット

おつまみ(東北の言葉でしばでと言います)付のお得な前売チケットセット
1.ぐい飲み(約90ml) x 3枚
2.ちょいのみ(約30ml)x 4枚
(バラ売りで買うより、150円分お得)
 

 
 
 
 

当日チケット 

チケットは当日でも(1)お得なセット売り と(2)バラ売り でお買上げ頂けます。
セット提供は [ぐい飲み(90ml)3枚] と [ちょいのみ(30ml)4枚] がセットになったチケットです。
 

気仙フェア2017秋

下北沢SAKEフェア2017と同時開催で気仙フェアが開催されます。
広域気仙エリア(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)を中心としたエリアの観光物産フェアです。一般には出回りにくい海のものや、山のもの、お菓子や加工品、地酒などご当地物産などが並ぶイベントとなっています。東京ではなかなか手に入らない高品質な商品の数々をご覧ください。
 

 
 

 

③「飲食店の巻」

  

 期間中、東北沿岸地のSAKEを下北沢で味わうことができます。若者向けのお店が多い下北沢にありながら、確かな腕とサービスで上質を知る大人にも人気の事務局がオススメする飲食店で東北沿岸地のSAKEをご堪能ください。
 

名 称

下北沢SAKEフェア2017 - 飲食店の巻-

日 時

2017年11月17日(金)〜12月17日(日)

場 所

各飲食店

参加飲食店

かりべ亭/風神/梅窓/極鶏/佐波虎/みんなん家/DUKE CAPO/つ串亭/路庵/紅月/他人事/汁べぇ/うぶ/三日月ロック/まぼねん/創作酒場おかえり/たんたん/とりとんくん/浪次/こうぜん/ニーチェの馬/ごち2/YOUMA/のたぼうず/海栗屋/Bistro chap

流れ
 
 
 
- 準備中 -

 

主 催

しもきた商店街振興組合

後 援

世田谷区、世田谷区産業振興公社

岩手県、宮城県、大船渡市、気仙沼市、陸前高田市

協 力

SAKE美人、ぶらり下北沢、ぶらり気仙

問合先

イベント担当 tel:03-5738-8485 /問合せフォーム

 
 
 
■当日飲めるSAKEリスト(酒蔵)

※約40種類のSAKEが飲めます。
 
※一部、蔵元も来訪 。
 

 

 

 

気仙フェアをお手伝いいただけるボランティアスタッフを募集しています。
 気仙フェアのボランティアスタッフは下北沢近隣の住民から、下北沢が好きな来街者、あるいは東北に関わりのある方など様々な方に運営をお手伝いいただいています。 

 イベント中は毎日打上を行い、イベントを通じて、何人かで実際に気仙エリアに行き、地元の祭りや漁師さんのお仕事をお手伝いしたりなどイベント以外のつながりもできています。
 関わるスタッフも学生から社会人と、様々なバックグランドを持つ方ににお手伝いいただいています。あなたもイベントに関わってみませんか?